セキュリティーに関する仕事

セキュリティーに関してどうしてもやってみたい仕事がある。それはバウンサーである。以前書いたがバウンサーはナイトクラブなどでセキュリティーに関する仕事をしている。タチの悪い場合、酔っぱらった格闘家が暴れたりするケースもあるらしい。そんなハプニングに出会えるならば格闘技修行にはもってこいだろう。良い訓練になると思う。

もし自分がバウンサーになれたら格闘家相手に正々堂々と相手するつもりはない。個人で格闘技は習っているが状況に応じて少々卑劣な手段は使う事をモットーとしている。しかもこの酔っぱらった格闘家が大柄なら並の人間では太刀打ちできないだろう。だったら顔面に椅子でもブン投げればいい。上司には手が滑りましたと言ってごまかせばいいし。セキュリティー上、お客の安全を確保するべきだし凶器を使ったからと言って卑怯もクソもない。まあどのみち首になってしまうかもしれないが覚悟の上である。しかしこの手の仕事では永住権が取得できるか未知なので長く出来るかは怪しい・・・。

平和でも防犯意識を忘れずに

日本でも子供を誘拐および殺人事件に発展するような事件が見られるようになり大人の防犯意識が強まったような気がする。とは言え出会い系サイトを通じて出会い、殺人に発展するような事件はなかなか防ぐのが難しいような気がする。大人がいかに防犯意識を高めても子供が友達のとこに行くと言ったら信じるだろう。まさか出会い系で知り合った男に会いに行くとは思うまい、普通は。このような卑劣な犯罪を防ぐにはどうしたらいいか知らないけど利用するからには自己責任という事を覚えておくべきだろう。

防犯意識を持った方がいいとは言え日本って何だかんだ言ってとっても平和な国である。中南米みたいにマフィアの抗争があるわけでもないし、警察官が腐敗しきっているわけではないから良い国ではないかと思う。そんな平和な国でも歪んだ感情を思った人間は数多く存在するだろうから各自防犯意識を持った方がいいのは確かだと思う。油断しているとバッグをひったくられるかもしれないのでご注意を。

財布に対しても防犯意識を!

街中を歩いていてたまに気になるのが長財布をズボンの後ろポケットに入れる人間がいる事である。防犯意識が薄いな~と正直あきれてしまう。スリとかの存在までは考えないのだろうか?僕は財布をすられるのが嫌なので基本的に二つ折り財布以外は使わないようにしている。この方がすられるのを防げるし強盗に合わない限りは持ち金を守れるだろう。このくらいの防犯意識は持った方がいいと思うのだが・・・。しかし個人的には長財布は欲しいと思っているので金持ちになったら長財布を記念に買いたいと考えている。しかしいつ金持ちになれるのやら・・・まあ、なれないかもしれないけどね!

しかしいくら防犯意識を持っていても武器とかを持っている韓国系の武装スリ団とかにはどうにもならないかもしれない。僕自身人ごみの中を歩くことは少ないし慢心電車に乗る事は滅多にないのでああいった連中には出くわすことはないだろうが防犯意識を持つだけではどうのもならない部分はあるので警察の皆さん頑張ってください!

海外の週末のセキュリティー

海外のナイトクラブではセキュリティーに力を入れている、というか向こうでは力を入れてるというよりも常識なのかもしれないが。例えばナイトクラブ何かは週末になるとバウンサー(用心棒)と呼ばれる警備員が身分証を確認してお客のチェックをする。基本的にナイトクラブには未成年は入場する事が出来ない。中には身分証を偽造して入場する輩もいるのでこうやって入り口でチェックを行う。やはり週末となるとハメを外す人間が多くなるのでセキュリティーには力を入れるがそれでもナイトクラブで酔ってけんかする人間なんかが現れた場合は実力行使(パンチとかキックとか)ではなく取り押さえないといけないらしい。何とも面倒くさいがキャリアを積んだバウンサーは拳銃装備も出来るらしい。

しかし拳銃装備が出来るのはまた別の現場だけだろう。しかも熟練のバウンサーはお金持ち相手に任務を務める事もあり金持ちのクライアントと一緒に海外を回ったりするらしい!仕事とはいえ羨ましい。

車両にも防犯意識を

車やバイクを持っている人は少なからず防犯意識を持っているらしい。例えば盗難保険に入ったり防犯ブザーを取り付けたりするなどである。僕もバイクの盗難保険に入っていたがお金の無駄のような気がして途中で契約続行するのをやめた。ちなみにバイクの盗難保険は鍵を付けたままバイクから離れて第三者にバイクを盗まれた場合は一切の保証はないらしい。いち個人の本当に最低限の防犯意識は持っておくことが大事みたいだ。しかしたま~にだが図書館に行った時に鍵をつけっぱなしにして図書館を利用しているおばちゃん(たぶん)がいたことに驚いた!まあ図書館にバイクを盗む目的で来ることはめったにないかもしれないけどもうちょっと防犯意識を持ってくれよと、他人ながらに思った。

安物のバイクを盗まれてもショックだが新品のそこそこの値段するバイクを盗まれたら正直ショックだろうな~。これから二輪免許を取って新たにバイクを購入したいと思うが盗まれてしまうかもしれないと思うと躊躇してしまう。

小売りは防犯にも力入れなきゃ

しかし万引きみたいな小さな犯罪では捕まりたくないな~よほど収入が少ないならあんな犯罪でもやりかねないけどテレビで万引きの話が出てきて何であんなしょうもない事するのかが個人的には理解できない。しかもお年寄りの犯行が多いとの事らしいが原因は寂しさを紛らわすためだとか個人的には???なんだが。相手がお年寄りとはいえ防犯のために問答無用で取り締まっていいだろう。年寄りだからと言って大目に見るのは全くの筋違いだ。とは言えかなり収入の少ない人間で万引きに走る人間に同情してしまうのは同じ貧乏人としての性だろうか!!!小売業も売り上げアップ以外に防犯にも取り組まないといけないから大変だ。

特に本屋の万引きは被害が多く、過去に本屋でバイトしていた時も同じバイトの子が万引きしている小僧を捕まえていた事がある。本は電化製品みたいに防犯ブザーみたいなやつを付けれないから従業員の目が頼りだが書店で万引きを防ぐには定期巡回しかない。それでもどんだけ防げるか疑問ではあるが。

お店の防犯

内引きを防止するために某大手の大型スーパーではアルバイトを終えて帰る時に守衛さんに荷物の中身をチェックされる。しかしこれは店舗によっては行われない。しかし不思議な事に店員にはこのようなチェックを行うのにお客さん相手になると行わない。実際多くのお客さんが訪れるので全員をチェックするのは難しいしコストもバカにならないだろうが防犯のためとはいえ従業員のみチェックするというのは何とも失礼な気がするのだが・・・。当時は正直腹が立ったが慣れてしまえば気にもならなくなってしまった。確かに内引きも見逃し続けてしまえば被害が大きくなるから仕方がないかもしれないけどね。

たまにテレビでも万引きの被害が全国で多発いしているという話をするけど万引きを防ぐ万引きGメンも大変な仕事みたいである。防犯意識を持って仕事をするのは良いが防犯意識が高すぎるがゆえに万引きしていないお客さんに対して疑ってしまう事もあるそうで・・・もちろんクレームの元になるらしい。どんくさい自分にはこの仕事は向いてないな!

セキュリティーは大事ですよ

僕の住んでいるマンションは扉に2個のカギが存在するが両方とも施錠するのが面倒臭い。特に急いでいる時はそう感じる。セキュリティーを厳重にするのは良い事なんだけどもホントこれ面倒くさいわ!カードキーだったらどんだけ便利かと常々思うが金持ちになれない限りは今の面倒なカギで我慢するしかないだろう。しかし2個カギが付いていても窃盗のプロから見たら大したことがないだろう、多分。

セキュリティーと言えば数年前に県内の大手銀行で強盗があったらしくその関係で某所の大手銀行の支店で警備をすることになった。当時は警備のバイトをしていたのでちょっと怖かったが良い経験させてもらったと思う。しかし平和な事は良い事だが仕事はなかなか退屈だった。銀行となるとセキュリティー関係のマニュアルはしっかりしてるだろうから簡単にお金は取られないだろうが命のセキュリティーまではマニュアルを作る事は出来ないから強盗が来なくてよかったと思う。一応定期的に警察官が立ち寄りに来るので少し心強かった。

良い家ではセキュリティーに力入れてるみたいで・・・

セキュリティーと言えばセコムのイメージが強い。最近はセコムを契約している家庭を見かける事がある、と言っても少々立派な家に住んでいる家庭限定であるが。セキュリティーに力を入れるという事はそこそこ金持ちなんだろう。そこそこ金持ちって表現もわかりにくいけど。我々のように年収300万くらいの人間にそこまでセキュリーティーにお金をかける余裕はないので戸締りくらいは出かける前にしっかりしておきたい。仮に侵入されても金目の物は持って行かれないような工夫をしておけば問題ないだろう。頭の使い方がポイントである。そういえばセキュリーティー関連の会社では柔道とかもやっているらしいが実力はどうなのだろうか?機会があれば一度お相手していただきたいものである。

家だけでなく車のセキュリティーにも気を付けないといけないが車の防犯ブザーは一度鳴りだしたらやかましいから本気で嫌い!一定時間経過したら自動的に音を止めてほしい。しかも聞いてイライラする音だからなおさら嫌いである。

防犯意識を持とう

治安の良い田舎町でも気を緩めてはいけない。たまに車上荒らしとかも見られるし空き巣もあるらしい。ちなみにこれは僕の住んでいる町の話である。防犯意識が欠けていると僕のとこみたいな田舎町でも痛い目に合うから油断はできない。といいながらたま~に原付のカギを取り忘れる事がある。幸い盗まれたことがないからいいものの、海外だったら間違いなく盗まれていたに違いない。原付盗まれて、挙句の果てに盗んだ人間が事故でも起こしたらこっちの責任になるのでいい迷惑である。防犯意識は常日頃から持っていないと駄目である。

でもそんな田舎町でも自転車だけはよく盗まれていたような気がする。カギを抜き忘れた方も悪いんだけどさ。ただ普通の自転車ならそこそこの値段で買えるからいいけど電気自転車は盗まれたら痛いな~!あれはいい値段するから主婦の方は気を付けていただきたい。特に都市部の場合、外国人の窃盗集団が狙っている可能性があるので防犯には力を入れた方が良いだろう。